ツイート

 富山地方鉄道10030形
>>画像ファイル一覧
 10039-10040(稲荷町車両基地)
 (FREE)撮影日:[2013,9,22] SVGA XGA QXGA

 寺田で並ぶ10030形と16010形
 画像提供:KDさん[2020,3,1] SVGA XGA QXGA

 DT-32に交換されたモハ10043(電鉄富山)
 画像提供:KDさん[2008,6,1] SVGA XGA QXGA

 モハ10032・運転台
 画像提供:KDさん[2008,6,1] SVGA XGA QXGA

 モハ10032・車内
 画像提供:KDさん[2008,6,1] SVGA XGA QXGA

 モハ10031・集電装置
 画像提供:KDさん[2008,6,1] SVGA XGA QXGA

 移籍直後の10030形(電鉄富山)
 (FREE)撮影日:[1994] SVGA XGA QXGA

 
 富山地鉄ダブルデッカー (稲荷町) 2013-09

 
 富山地方鉄道10030形 (稲荷町) 2013-09


>>富山地方鉄道10030形画像ファイル一覧(2020,7,28)<<







 1991年に移籍した元京阪電気鉄道3000系。
 2扉クロスシートの車体が富山地鉄の仕様に合致し、総勢2両編成8本が移籍した。
 1996年からワンマン化改造が行われ、1997年には4編成がJR発生品のDT-32台車に交換され、主電動機もMT54となり出力増強された。
 2013年にはダブルデッカー車両が譲渡され、10033-10034編成に組み込まれて運用されている。
 現在も富山地方鉄道の主力として活躍している。



 関連リンク:京阪電気鉄道3000系 大井川鐵道3000系


※問題投稿の通報はこちら緊急通報
<富山地方鉄道10030形編成表>

←電鉄富山 モハ10030−モハ10030

10031−10032  (1991 移籍)
10033−8831−10034  (1991,2013 移籍)
10035−10036  (1991 移籍)
10037−10038  (1991 移籍)
10039−10040  (1991 移籍)DT-32に交換
10041−10042  (1991 移籍)DT-32に交換
10043−10044  (1992 移籍)DT-32に交換
10045−10046  (1993 移籍)DT-32に交換

富山地方鉄道10030形諸元表
形式
製造初年長さ(mm)幅(mm)高さ(mm)自重(t)出力(kW)×個歯車比冷房容量(Kcal/h)×個
モハ10031197118,7002,8004,15036.0MB-3054 75×4 10,500×4
モハ10032197118,7002,8004,15036.0MB-3054 75×4 10,500×4
モハ10039197318,7002,8004,15036.0MT54 120×4 10,500×4
モハ10040197318,7002,8004,15036.0MT54 120×4 10,500×4



 ホームページにもどる



 AGUI NET 2020,7,28
 E-mail:okado@agui.net