小田急ギャラリー過去ログ検索 help
 小田急アルバム 50


>>一つ先にすすむ

画像タイトル img20020302001210.jpg -(127 KB)
↓END
帝都高速度交通営団6000系
こちらの撮影もお早めに!? 名前: まっちゃん [2002/03/02,00:12:10] No.1292 【サムネ】 ツイート
あまり重要でもないでしょうが、営団6000系の停車駅案内表示も、記念に(笑)
昼間撮っておきました。
以前、ABFまにまにさんもおっしゃっていましたが、他の乗客の注目を浴びつつ
シャッターを切る私の姿が・・・。
>> そうですよね 名前: さがみ1号 [2002/03/02,00:21:41] No.1294
こういう周辺のものも貴重になっていくんですよね。
恐らく一部の電車は本厚木まで行くでしょうから、準急の表示は残る
かもしれませんが、メインになるのは唐木田行きだから、ピンクの(?)
帯の方が大きくなってしまうでしょうね。


画像タイトル img20020302000220.jpg -(157 KB)
↓END
小田急電鉄8000形
○○海老名行き 名前: さがみ1号 [2002/03/02,00:02:20] No.1289 【サムネ】 ツイート
TRTA06さんに見せていただいた海老名分割の各停を見てちょっと思い出しましたので、こんなものを乗っけてみます。これって珍しいのか、そうでないのか良く分からないんです。昔あったのか無かったのかが分かんないので。
>> 以前にもありましたよ 名前: まっちゃん [2002/03/02,00:06:27] No.1291
さがみ1号さん、初めまして。
この海老名行きというのは以前にもありました。
整理中のネガファイルの中に、厚木で撮影したカットが確かあったと・・・
>> そうでしたか・・・ 名前: さがみ1号 [2002/03/02,00:19:07] No.1293
以前はあったんですね。「各停海老名行き」。
沿線に引っ越してきたのが5年前なので、その頃にはとっくになくなって
いたんですね。まっちゃんさん、貴重なご意見ありがとうございます。
>> 本厚木発海老名行 名前: 快速急行 [2002/03/02,00:45:12] No.1296
今は見られなくなった本厚木発海老名行。
実に懐かしいですね。
僅か2駅のみの営業列車と言うことで、小田急の旅客列車としては最短区間記録を持った列車です。
これは入庫と所定車交を兼ねていた列車で、海老名で出庫する各停新宿行に接続していました。
私としては1900形の海老名行を記録できたのが良い思いでとなっています。
>> 実は 名前: さがみ1号 [2002/03/02,02:09:29] No.1308
快速旧興産、お返事ありがとうございます。実はこれ、撮影したのが本厚木駅上り線で、撮ったのが2001年なんですよ。
だから、さほど昔のものではないのです。どうして発生したのかは分かりませんでしたが、たぶん事故でもあったんでしょうね。
>> すいません 名前: さがみ1号 [2002/03/02,02:11:35] No.1309
慌てて書いたら「快速旧興産」になってしまいました(!)すいません。「快速急行さん」の間違いでした。この場を借りて訂正させていただきます。
>> 歴史ある“チョン行”? 名前: よしご [2002/03/02,08:22:11] No.1311
>これは入庫と所定車交を兼ねていた列車で、海老名で出庫する各停新宿行に接続していました。
>私としては1900形の海老名行を記録できたのが良い思いでとなっています。

そんなに大昔からあったのですか! 97年頃までは、直通準急の10両編成を、6両編成に車交するための“チョン行”が夕方にありましたね。この列車にはN6が使われることが多く、海老名を出ると成城学園前まで後の急行を振りきって逃げる“猛者”でした。
>> 海老名行き 名前: とっちゃん [2002/03/02,11:35:00] No.1316
厚木の花火大会の時はよく見られる行き先ですね。
元はといえば、海老名回送の客扱い列車ですよ。
あとそれから、伊勢原行きも同時に見ることが
できますよ。


画像タイトル 現・南新宿駅建設中 -(50 KB)
↓END
小田急電鉄南新宿駅
駅・施設系「現・南新宿駅」 名前: ABFまにまに [2002/03/01,23:21:33] No.1288 【サムネ】 ツイート
あまり面白味のない画像ですが、お付き合いください。
【南新宿駅】建設前
1973(S48)年2月10日撮影
建設の始まった現在の南新宿上りホームです。今はここに上りホームがありますが、横の家並みの雰囲気が同じですね。
昭和48年の12月に、この場所に移りました。




画像タイトル img20020301221408.jpg -(119 KB)
↓END
大井川鉄道3000形
大井川鉄道の3000形@ 名前: 西口靖宏 [2002/03/01,22:14:08] No.1286 【サムネ】 ツイート
大井川鉄道で営業運転開始直後の3000形の雄姿です。
華々しくデビューしたのですが・・・
>> 無題 名前: スーパーあずさ [2002/03/01,23:11:47] No.1287
おおっ!カラーですね。
私が行った時は、まだ状態がよかったんですけど・・・
残念です(:_;)


画像タイトル img20020301205304.jpg -(74 KB)
↓END
小田急電鉄7000形
無題 名前: 西口靖宏 [2002/03/01,20:53:04] No.1280 【サムネ】 ツイート
まっちゃん様の「LSEネタ・その3」のブルーリボン装飾ですが、たしか受賞式後2・3日程度だったと記憶しております。
必死に追いかけました。
>> 無題 名前: 相鉄利用者 [2002/03/01,21:38:27] No.1284
こんばんは、懐かしの我が町大和ですね!


画像タイトル img20020301191130.jpg -(80 KB)
↓END
小田急電鉄2600形
2661×6、廃車に 名前: 快速急行 [2002/03/01,19:11:30] No.1273 【サムネ】 ツイート
2月15日を最後に予備車となっていた2661×6ですが、昨晩唐木田から大野工場に回送され、本日から解体準備が始まりました。
3月2日付で正式に廃車となる模様です。
画像の列車は2月14日、おなじみの新宿9時00分発の急行小田原行です。
結果的にこの列車が同車による最後の急行となりました。
なお同日上りの準急につきましてはすでに投稿してありますので、「小田急車両編」をご覧になって下さい。

2661×6(2861)
2002.2.14 開成〜栢山
>> 寂しいです・・・ 名前: ABFまにまに [2002/03/01,21:22:43] No.1282
またN6が去っていったのですね・・・
唐木田から相模大野への回送は夜間だったそうで、最後の走りを記録した方はいらっしゃるのでしょうか?
ところで、私の世代ではN6と言えば「各停・向ヶ丘遊園行」や「準急・本厚木行」が定番で、この区間で、ましてや「急行」となると「N6」らしくないと感じてしまいます。
しかしながら、快速急行さんは、古い写真から、新しいものまでこなしていて、この数日でも小田急全線に「出没?」しているようで、行動力には頭が下がります。
>> 元・小田急百貨店全館完成記念色 名前: まっちゃん [2002/03/02,00:02:38] No.1290
快速急行さん、こんばんは。
素晴らしい構図だと思います。私の駅写しワンパターン写真とは比較にならない
ですね。
さて、この2661Fと2662Fは共に昭和42年11月の新宿小田急デパートの全館完成
記念塗装になった、由緒ある?編成です。
当時5両編成で登場しましたが、翌年の43年10月に6連化の際に新造されたサハ
2761・2762は、最初からこの記念色だったとか。
車体をサンドペーパーで磨いたら、当時のペンキの痕が出るかも!?
>> レスありがとうございます。 名前: 快速急行 [2002/03/02,01:08:53] No.1299
小田急百貨店全館完成記念塗装は、当時のブルーとイエローの一般車の中で一際目立った存在でしたね。
当時子供だった私も電車を待っていてあの電車が来るととても嬉しかったものです。
臨時のお買い物電車にも乗りました。日中、相模大野〜新宿間の折り返しで確か準急と同じ停車駅だったように思います。
先日、2652×6が廃車になりましたが、私個人としてはこちらの方が愛着があり、今回の廃車は実に残念に思います。(涙)
>> 思い出しました! 名前: まっちゃん [2002/03/03,01:43:28] No.1353
快速急行さん、こんばんは。
ちょっとマニアック過ぎて恐縮ですが、特撮モノで有名な「円谷プロ」が昔
制作した”怪奇大作戦”という番組がありましたが、昨年そのビデオを地元
にあるレンタル店で見つけて何気に見ていたら、昭和43年の喜多見駅前のシ
ーンが出てきて2番線に何と「お買い物塗装」のこれが今、正に停車する・
・・というのを初めてライブ?で見ることができました。
円谷プロは祖師ヶ谷大蔵にありますから、昔から小田急とは縁があるようです
が、昭和40年代の作品にはレアもの車両がさり気なく映っていることが多く、
45年暮れから沿線住民になった私としては、興味深いことです。
つまらないネタで、失礼しました!
>> 見てみたいです。 名前: 快速急行 [2002/03/03,10:48:28] No.1356
”怪奇大作戦”ですか・・・確かにマニアックですね。
「お買い物塗装」が出演?しているとは知りませんでした。
機会があったら是非見てみたいと思います。
昔は円谷作品の他、「チャコちゃん、ケンちゃん」シリーズなどにも懐かしい旧塗装の電車が多数出ていましたね。
最近はテレビでは小田急の電車はあまり見かけなくなりました。
>> 残り1編成[種別|行き先] 名前: 駿河小山駅下車徒歩3分 [2002/03/03,19:58:12] No.1368
この2661Fが廃車されるとなると、側面表示が分割されている[種別|行き先]2600形は2653Fだけになってしまいます。追っかけるのに一苦労しますよ( ;^^)ヘ..。


画像タイトル 5065 -(82 KB)
↓END
小田急電鉄5000形
離れています。 名前: 快速急行 [2002/03/01,18:47:59] No.1272 【サムネ】 ツイート
あしがら38号さんからご教示いただいた5065の前面車番です。

確かに離れています。いや、離れすぎています。
よく観察してみると千の位の「5」の数字が運転台窓の左辺の延長線上辺りから始まっていると言う凄まじさです。
藤沢駅で編成全体を見回して見ると、側面は通常の間隔でした。
反対側の5165の前面も間隔は広いのですが、百の位が「1」ですのである程度の収まりを見せています。
ではどうして離れてしまったのでしょうか?
さらに観察しているうち、ナンバー鋼自体が若干細字の綺麗な物であることに気づきました。

この車両は平成8年に車体更新を行っているので、おそらくその際にナンバー鋼も新品と交換し、取り付けたときに離れてしまったのではないかと推測されます。
今日他の車両についても観察したところ、他の5000形や5200形などにも間隔が広めの車両が散見されましたが、いずれも車体更新を行っています。
また、他にご教示いただいた4051についても冷房化の際に改番され、ナンバー鋼を張り替えています。

先日、ABFまにまにさんが、「最近の車両は個性がない。」と嘆いていましたが、大量に製造され標準化された新しい車両でも更新や工事を重ねるうちにだんだんと個性が現れて来るようです。
また、車両メーカーの違いにより細部の仕上げなどに差があるようですので興味のある方は観察してみて下さい。 (長文にて失礼しました。)

5065 2002.3-1 南林間
>> 無題 名前: bikke [2002/03/02,00:49:26] No.1297
 5065Fの先頭の番号の間隔が離れていたのは製造時からです。
 番号は、ステンレス鋼の切抜きにスタッドを溶接した物と思われ、車体の取付け穴を通して内側からナットで締結されている物と思われます。
 従って、車体の修理時にわざわざ穴を塞いであけ直しでもしない限り、位置は変わらないかと。
 ナンバー自身も交換はされていないのではないかな、と推察しています。昔からあんな風でしたし。
>> 恐れ入りました! 名前: 快速急行 [2002/03/02,02:03:06] No.1306
bikkeさんご教示ありがとうございます。
5065につきましては、更新前の写真がどうしても見つからず勝手な推測をしてしまいました。
車体更新の際には外板の腐食箇所などは切継ぎなどを行うので、その場合は当然穴も開け直す場合もあり、現に2600形などでは更新後、間隔不規則なものや曲がって取り付けられている車両もあったので、このように推察した次第です。
ところでbikkeさんは掲示板でご活躍なさっていらっしゃいますね。
ダイヤと車両運用関係の専門家とお見受けしましたが、車両関係もかなり精通されているようですね。また何かありましたらご教示お願いいたします。


画像タイトル 相模大野にて -(54 KB)
↓END
小田急電鉄相模大野駅
懐かしの自動券売機 名前: TRTA06 [2002/03/01,17:33:08] No.1268 【サムネ】 ツイート
すでにかなり傾斜型の自動券売機が主流になりつつあった頃、
相模大野の小さい方の改札口(何口でしたっけ?)で下車した
ときに、ポツンと2台自動券売機があって、その中の1台に
これを目撃し、珍しかったので撮影しておきました。いまや
傾斜型ばかりなので、このタイプの券売機は懐かしいです。
>> いいですね 名前: ABFまにまに [2002/03/01,19:43:20] No.1275
この券売機懐かしいですね。
改めて見ると、けっこう「ケバイ」色です。(若い方にはわからない表現?)
その昔小田急の券売機はオレンジ色でしたよね、そういえば単発と言われる「30円区間」のみの券売機なんかもありましたね。
>> カラフルでしたね 名前: よしご [2002/03/01,20:36:20] No.1279
ボタンの金額表示の書体は、メーカーや年代によってバリエーションがありましたが、写真の機種は、太くて武骨な感じの書体で、小さなボタンにぎっしり書かれていました。
京王井の頭線や相鉄線は若草色でしたね。
中学生になって、もう『こども』のフタを開けないでボタンを押せるのに、ちょっとステータスを感じたものでした。

もはや周辺機器の記録は、TRTA06さんの十八番といっていいでしょうね。
>> レスありがとうございます。。。 名前: TRTA06 [2002/03/01,21:28:58] No.1283
>周辺機器の記録は、TRTA06さんの十八番といっていいでしょうね。
ありがとうございますm(_ _)mなんかこういう写真をUPしてるのは、
ほとんど僕ですね^^;けど原則これは小田急に限ってです。本業は
いちおう「鉄道車両主体の写真撮影」ですから…ただ小田急線は、
沿線に住んで、十余年とどこの鉄道よりも非常に愛着がありますし、
他のJRや私鉄よりは、もっと積極的に目に付いためぼしいものを
記録していこうと考えています。ですので、これからも幅広く小田急
にまつわる様々な"ねた"を投稿していこうと思います。これからも
よろしくお願いします!
>> やりますねー! 名前: まっちゃん [2002/03/02,19:10:23] No.1319
TRTA06さん、車両だけでなく以前から幅広くやってたんですね!
ははぁ〜(土下座のつもり・・・)。(笑)。
私が小田急沿線に引っ越してきた頃は、確か大人の最低運賃が30円でしたよ。
したがって、子供だった私は15円・・・。
ABFまにまにさんの言われる券売機は「単能式」と呼ばれていたものですね。
昔はロール式の切符用紙に、ゴムベルトに刻まれた運賃の数字を押し付けて
1枚ごとにカットされて受け取り口に出てきました。
そういえば、私が駅員のバイトをしていた頃は、回数券や定期券も回転式の
日付印でいちいち紫色のスタンプインキを付けていました。
あ〜懐かしい!(大爆)


画像タイトル 小田原にて -(89 KB)
↓END
小田急電鉄小田原駅
古の『サポート』号ご案内 名前: TRTA06 [2002/03/01,17:26:34] No.1267 【サムネ】 ツイート
小田原で99年夏頃に見かけたものです。当時でもLEDでの
乗車口案内が主流だったので、この表示、そしてその中にある
列車名には新鮮味を感じました。小田急の『新』と『古』が
同居したような感じがします。
>> 無題 名前: よしご [2002/03/01,18:47:05] No.1271
イラストは、しっかりEXEに交換されていたんですね。LSEの、ずんぐりむっくりな絵がかわいくて好きだったのですが。


画像タイトル 相模大野にて -(138 KB)
↓END
小田急電鉄相模大野駅
各停で分割! 名前: TRTA06 [2002/03/01,17:15:55] No.1265 【サムネ】 ツイート
前のダイヤのときに平日朝方10時頃に相模大野から
各停小田原行になる列車で、海老名切り離しという
列車がありました。この写真はその証です。もう少し
前にはやはり同じく各停小田原行で後4両海老名止
という列車が深夜帯に1本ありました。ややレアです。
>> ありましたねぇ 名前: よしご [2002/03/01,18:38:01] No.1269
運転パターンの変わるピークサイドならではの、面白列車でしたね。新宿あたりでの自動放送では、何と言っていたんでしょうね。
>> そういえば 名前: さとみ [2002/03/02,10:27:21] No.1312
分割に関して、前から思っていた素朴な疑問。

「分割案内板、Aを境に、前6両が...」
という自動アナウンスはもうすっかりおなじみですが、
A以外のパターンって存在するのですか?
>> 無題 名前: あしがら38号 [2002/03/02,12:01:33] No.1317
遊園始発の各停本厚木行で相模大野で切り離しとなるものもありましたね。
この列車、鶴川駅では実際には分割案内板は設置されていないにもかかわらず、
「ホーム中ほど分割案内板を境に…」と自動放送されていたのを思い出します。

↑記事TOP

>>一つ前にもどる


 小田急アルバム 50

 

北海道)(東北)(関東)(甲信越)(東海)(北陸)(近畿)(中国)(四国)(九州)(海外)(憩い)(東武)(京成)(西武)(京王)(東急)(小田急)(京急)(相鉄
名鉄)(近鉄)(南海)(京阪)(阪急)(阪神)(西鉄)(民鉄)(国鉄)(新幹線)(気動車)(機関車)(貨車)(路面)(装置)(施設)(バス)(航空)(船舶)(模型



 AGUI NET 2002,6,2
 E-mail:okado@agui.net